松山市・砥部町すこやか整骨院松山砥部院のスタッフブログ

九州セミナーインストラクター

2016年06月30日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!

院長の宮田です。

 

先週日曜日は九州博多で技術セミナーのインストラクターをさせて頂きました。

博多までは、フェリーで行くのですが、都会の東京埼玉育ちの私としては何とも言えない旅情を味わえます。

夜の22時に松山観光港を出て、朝の5時に小倉に着きます。

ロビーではおでんをや焼きそばを購入して食べれます。

友人恋人とお話を楽しみながらお酒を楽しむ方もいますし、1人でスマホをいじりながら出港するまでの時間を過ごす方もいます。

 

私はいつも小説などを読みながらベットで静かに過ごします。

小説のタイトルは「その女アレックス」という推理小説でした。

仕事を離れ、陸を離れ、日常から離れ、遥かかなたの物語の世界にどっぷり入り込んしまいます。

 

さて、セミナーのテーマは腰痛メインの筋膜治療の講座でした。

50名の受講生が参加して下さり、朝から夜の七時まで受講生のみなさんにつかまりっぱなしで

ご飯を食べる時間さえありませんでした。ありがたい限りです。

詳しい内容はまた今度させて頂きますね。

 

痛みといっても様々な原因があります。痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください!

トップページはこちら

 

膝痛と筋膜の繋がり

2016年06月25日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!
院長の宮田です。

 

前回は松山市の患者さんの症例で、膝痛の原因は内捻れからきて、

日常動作の内股座りや内股歩きが原因になりうるというお話をしましたね。

 

ではなぜ内股歩きになってしまうのか。

それも原因があります。

 

全身は筋膜という筋肉を包むストッキングのような膜でおおわれています。

身体のどこかの筋膜が緊張していて、それが患部を牽引することによって

痛みや歪みが引き起こされるのです。

 

膝は腕の筋膜と繋がっていています。

しかも反対側の。

 

右膝であれば、左腕の筋膜と繋がっています。

この筋膜を『スパイラルライン』と言います。

 

詳しくは ↓ ↓ ↓

すこやか整骨院松山とべ院 根本改善整体のページはこちら

 

 

反対側の腕の方へ引っ張られるので、股関節と太ももは内側に引っ張られます。

だから内股歩きになってしまうのですね。

 

ですので腕をたくさん使う仕事、工場勤務の方や内職の方はもちろんですが、

デスクワークメインの方やなんと介護の方にも多い症状になります。

 

あと水泳をされる方に膝痛の症状が多く見られます。

泳ぐ際に腕をたくさん使うからです。

水泳部の学生に膝痛は多く見られます。

『腕の緊張が原因の一つなんだよ』と説明するとすごく驚きます。

ピンとこない子もたくさんいますが・・・

 

腕の緊張をとる方法などはまた今度ブログにあげますね。

 

膝痛といっても様々な原因があります。痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

詳しくは膝痛のページをご覧ください!

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください!

トップページはこちら

 

膝痛の原因は・・・

2016年06月23日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!

院長の宮田です。

 

今日は松山市天山にお住まいの50代の女性の方で、

右膝が痛いと仰る方がいらっしゃいました。

 

【膝の痛みの一番の原因は膝の捻れです。】

 

膝は内側と外側が強い靭帯で固定されているので、

基本的に曲げ伸ばしの動きしか予定されていません。

 

ですので、外に曲げたり、内に曲げたりはもちろんですが、

内に捻じったり、外に捻じったりの動作は膝に負担をかけます。

 

人間の動作は、「立つ」、「座る」、「歩く」、「寝る」くらいしかないので

いずれかの動作で膝を捻じっていることになります。

 

一番問題になるのは、「座る」、「歩く」です。

寝ながらずっと膝を捻じっていることはあまりないですよね。

 

「座る」動作で、膝を捻じる鉄板は、「横座り」(女の子座り)です。

膝痛の原因の一番の要因かもしれません。

 

横座りしている下の足が捻れている上にそこに体重がかかります。

イスに座っていてもひどく内股すわりを続けていると、やはり捻れてきます。

自転車のペダルのこぎ方でも膝に負担がかかりますが、長くなるのでまた今度。

 

「歩く」動作の場合、内股歩きだと(足先が内に入った状態)膝に捻じりが入ります。

大概の患者さんは自分が内股歩きをされていることを自覚していません。

ですので当院では携帯で動画を撮らせて頂いて、ご本人にみて頂いてます。

そこでやっと納得して下さいます。

 

自分で検査する方法もお伝えしますね。

右膝が痛いとします。

立った状態からその足を前に出します。

そしてその足に体重をかけていきます。

このとき膝の向きと足先の向きは同じ方向を向いていますか?

膝の向きより、足先は内を向いていませんか?

動かざる証拠が目の前につきつけられます(笑)

 

この患者さんもやはり、横座りが習慣化していて、内股歩きをされていました。

治療とともに生活指導もさせて頂きながら少しずつ改善中です。

 

ではなぜ内股歩きになってしまうのか、それも原因があります。

どこかの筋膜が緊張して引っ張っているのです。

 

「答えはなんと腕です!!」

 

膝の痛みが腕の緊張から??

 

詳しい内容はまた次の機会に。

 

膝痛といっても様々な原因があります。

痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

トップページはこちら

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください

膝痛ページはこちら

 

坐骨神経痛!!

2016年06月22日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!

院長の宮田です。

 

今回も「痛みがある所には原因がない」症例の具体例を説明していきますね。

 

先日、松山市南高井にお住まいの40代の女性で、右のお尻から膝の裏にかけて痛みと

しびれがあるという女性がいらっしゃいました。

 

いわゆる坐骨神経痛の症状です。

 

詳しい説明は省きますが、立つために身体を支えるお尻の筋肉が硬くなって、

お尻から足にかけて走る太い坐骨神経を圧迫して起きる症状です。

 

ここまで話を聞けば大概の方は、

「ではお尻の筋肉をマッサージすれば良くなるんでしょ!」

と思われると思います。

 

確かにお尻の筋肉をゆるめれば、一時的には痛みは改善します。

でも一時的です。すぐにまた痛みがぶり返してきます。

 

この方は出っ尻(腰が反り腰で、お尻が後方に出ている状態)で

常にお尻の筋肉が使われて緊張しているため、坐骨神経痛になりました。

ですので、この出っ尻の姿勢を緩和させないとすぐに痛みがぶり返すのです。

 

出っ尻の姿勢になる原因はいくつかありますが、

胸を強く張ることによって引き起こされます。

ですので、胸と肩のコリをとったらだいぶ緩和します。

 

この方も、患部のお尻はほとんど触らず、胸まわりの筋肉と肩まわりの

あるポイントの緊張を緩めたらだいぶ症状が緩和しました。

本人に確認しても、肩こりがひどくなると腰とお尻の痛みもひどくなると仰っていました。

 

腰痛といっても様々な原因があります。

痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

トップページはこちら

詳しくは腰痛のページをご覧ください

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください

 

首の痛み,ゆがみと頭痛 

2016年06月21日

こんにちは!

院長の宮田です。

 

先日松山市にお住まいの女性で、首の痛みがひどく、

頭痛で夜も寝れないほどの方がいらっしゃいました。

 

原因の筋肉を見つける特殊な筋膜テストで悪い場所を探り、

原因となる筋肉にアプローチしていきましたが、

あともう少しの痛みがとりきれませんでした。

 

ライフスタイルをもう一度確認させて頂いたところ、大型犬を飼われていて

毎日松山市森松町を朝晩散歩のに連れて行かれるとのことでした。

その犬は力が強いために、いつも首輪を力いっぱいもっていないと

引っ張られてしまうことでした。

 

この話を伺って原因となる筋肉がピンときました。

検査をしてみると・・・

 

やはりビンゴ!!

脇に付着している広背筋という筋肉が原因でした。

いつも両脇に力が入り過ぎているため、

脇の筋肉の緊張が首の筋肉をけん引しているのでした。

 

やれやれ最後の最後でなんとか痛みを取り除くことが出来ました。

 

首の痛みといっても様々な原因があります。

痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

トップページはこちら

詳しくは肩コリ・四十肩のページをご覧ください

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください

 

 

 

 



お問い合わせはこちら!

ホームページを見て来院されたら、施術料割引

すこやか整骨院松山とべ院電話番号:089-905-0350

▲ ページの一番上に戻る