松山市・砥部町すこやか整骨院松山砥部院のスタッフブログ

反り腰、ストレートネックが体型に影響する!? 

2016年07月11日

こんにちは! 

院長の宮田です。

 

前々回からは松山市久米の首肩痛を訴えている20代女性の患者さんのお話でしたね。

「反り腰、ストレートネック」 シリーズの三回目です。

 

今回はこのような姿勢が「ポッコリお腹」と「足が太くなってしまう」原因になる

というお話をしていきますね。

 

こんな姿勢をされている方が多いです。

↓ ↓ ↓

IMG_20160622_193548

 

 

 

写真を見てわかるように

姿勢を良くしようと胸を張ると、写真のように骨盤、お腹が前に出て腰が反ります。

これがポッコリお腹の原因です。

そして前重心になっている体を支えるために

股関節が横に張り出します。

そのためお尻、太ももが横に太くなります

 

また、前重心になっている体を支えるために

太ももの前側の筋肉を常に使い続けるため、

筋疲労から足の前側も太くなります。

 

むくみや冷えの原因にもなります。

また、この姿勢は肩こり・腰痛の原因にもなりますのでお気をつけくださいね。

 

 

首の痛みといっても様々な原因があります。

痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

詳しくは肩コリ首コリのページをご覧ください

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください

トップページはこちら

反り腰、ストレートネックと姿勢の関係  

2016年07月8日

こんにちは! 

院長の宮田です。

 

昨日の続きです。

松山市在住の20代の女性の学生さんで、

授業中首を下にすると首の根元から背中がしんどいという訴えをされている方の話でしたね。

こういう訴えをされる方の多くは反り腰でストレートネックです

 

こんな姿勢をされています。

↓ ↓ ↓

IMG_20160622_193548

 

なぜか?

デスクワークやパソコンをするときに、姿勢を良くしようと無理に胸を張ってしまうことによって起こります。

胸と背中に力が入るので首にも力が入り

、首がストレートになってしまっています。

また骨盤が前に押し出され、反り腰にもなります。

 

特に女性に多く、美しい姿勢=胸を張った姿勢

という誤った考え方からきています。

 

 

戦中・戦後の軍隊教育や姿勢教育からきているのだと思います。

子どもの頃、「背筋を伸ばして!!」とよく怒られませんでしたか??

 

 

この姿勢を維持するために使われている筋肉は、

脇に付着している広背筋という筋肉です。

PCでデスクワークする時に使われる、脇をしめたり、胸を張ったりするときに使う筋肉です。

 

ですので、この広背筋という筋肉に負担をかけないようにしたら、

反り腰やストレートネックが改善されていきます。

 

具体的には手首に力を入れないようにすることです。

 

試しにデスクワークをする際に、両手とも拳をしっかり握り、

人指指だけ立ててキーボードを打って下さい。

首肩に力が入りませんか?

しんどいでしょう。

でも多くの方が仕事に追われ、このような状態で一日デスクに向かっているのです。

 

まずは手と手首に力を入れる習慣をなくすこと。

 

これを意識していきましょう。

 

次回は、反り腰、ストレートネックの姿勢が、

ポッコリお腹足が太くなってしまう原因になるお話をしていきますね。

 

 

首の痛みといっても様々な原因があります。

痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

詳しくは肩コリ首コリのページをご覧ください

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください

トップページはこちら

反り腰、ストレートネック 

2016年07月7日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!

院長の宮田です。

 

先日、松山市在住の20代の女性の学生さんが来院されました。

授業中首を下にすると首の根元から背中がしんどいという訴えでした。

 

こういう訴えをされる方の多くは反り腰でストレートネックです

背中の緊張が強く、胸が張っていて、首がストレートになってしまっています。

 

最近はPC社会なのでこういう首の症状を訴える方がたくさんいらっしゃいます。

 

ではどこの筋肉が緊張して、こういう状態になってしまっているのか?

 

それは脇に付着している広背筋という筋肉です。

脇をしめたり、胸を張ったりするときに使う筋肉です。

 

何か気付きませんか?

 

そうです。

PCでデスクワークする時に主に使っている筋肉です。

 

次回もう少し内容を深めて、反り腰、ストレートネックの改善法などを説明していきますね。

 

首の痛みといっても様々な原因があります。

痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

詳しくは肩コリ首コリのページをご覧ください

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください

トップページはこちら

太ももの肉離れの原因が手首から?? 

2016年07月6日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!

院長の宮田です。

 

先日、松山市在住の30代の男性で、左太もも後ろ(ハムストリングス)

が肉離れになりかけていると訴える方が来院されました。

 

社会人チームで芝のホッケーをされている方で、

愛媛国体に向けて猛練習をされているとのことでした。

 

 

肉離れの場合も、腰痛肩こりと原因は同様です。

どこかの筋膜が緊張して患部を牽引して、肉離れを引き起こしています。

 

確かに患部近辺をマッサージで緩めればその時は少し改善し楽になります。

しかし、原因を取り除いていないのでしばらくしたらぶり返します。

 

さっそくいつものように検査をかけて、原因を探しました。

 

原因は右の手首でした。内側にひどく捻れていました

 

本人に日常的に手首に負担をかける動作をしていないかを

確認させて頂いたところ、ホッケーのスティックを握る際、

常に右手首を内側に強くひねっているとのことでした。

 

やはり、手首の緊張を取り除いたら、太ももの肉離れの症状も改善しました。

この方は手首を内側にひねっている内に、右肩・右上半身も内側に捻れ、

そのため左の足が常に牽引されて起きている症状でした。

 

今のところ症状をぶり返すことなく、

愛媛国体のプレ大会に向けて練習に専念出来ているようです。

 

 

痛みといっても様々な原因があります。

痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください

トップページはこちら

手首がの痛み、その原因 

2016年07月6日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!

院長の宮田です。

 

今日は昨日の続きです。

松山市在住で60代の男性サラリーマンの方で、

手首を内側に回したり、外側に回したりすると、手首の小指側が痛いという症状の方のお話でした。

 

この患者さんは、手首や腕回りの緊張をとっても症状が改善せず、

腰のインナーマッスル(腸腰筋)で症状が軽減したのですが、

手首の痛みが腰のインナーマッスルを緩めたら、軽減する?

にわかに信じがたい話です。

 

この患者さんの手首の症状は、胸と腕まわりの緊張からきていました。

この胸と腕まわりの緊張がどこの筋膜の緊張からきているのかを探すのが今回の

ポイントでした。

 

そのポイントが腰のインナーマッスル(腸腰筋)だったのです。

 

筋膜の繋がりで症状をとるためには、繋がりの繋がりを活かす場合もあるというケースでした。

 

 

手首の痛みといっても様々な原因があります。痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

詳しくは関節痛のページをご覧ください

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください

トップページはこちら

 

 

手首が痛い!

2016年07月4日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!

院長の宮田です。

 

昨日、松山市在住で60代の男性サラリーマンが来院されました。

訴えは手首を内側に回したり、外側に回したりすると、手首の小指側が痛いというものでした。

デスクワークが主で、手に力が入ってしまうとのこと。

 

4か月前から痛みが出て、他の近くの整骨院に通われていたそうです。

なかなか改善せず、奥さんが前日来院していたので

紹介で当院にいらっしゃいました。

 

こういう患者さんは燃えます。

紹介かつ症状が強くどこにいっても改善しない方。

 

さっそく当院の特殊な筋膜テストで原因を探りました。

いまいちヒットせず、どちらかと言うと手の親指の付け根(母指外転筋)

が一番疑わしい。けどたぶん本丸ではない・・・・。

身体のゆがみがひどく、全身のインナーマッスル(深層筋)がガチガチ。

 

こういう患者さんは本来なら全身の調整やゆがみをとってから本丸にアプローチします。

でないと症状が軽減してもその場しのぎで、しばらくしたら症状が戻ります。

しかしこの方は他の整骨院にしばらく通っていたとのことでしたので、

「ゆがみは分かったけど、とにかくこの痛みをどうにかしてほしい」

というのが本音だと思いましたので、本丸の腕などの施術から入りました。

 

親指の付け根(母指外転筋)などをゆるめて5分後再検査。

やはり痛みがあります。

 

次に検査でヒットした胸まわり(小胸筋)をゆるめました。

しかしやはり痛みがあります。

 

さあ困った・・・・。

でもこういうことはたまにあります。

 

検査でヒットしたところを調整しても、症状が軽減しない場合は

経験と勘を頼りに当たりをつけます。

 

この患者さんは腰のインナーマッスル(腸腰筋)で症状が軽減しました。

 

続きはまた次回・・・・

 

手首の痛みといっても様々な原因があります。痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

トップページはこちら

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください

関節痛のページはこちら

 

 

院内スタッフ研修

2016年07月3日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!

院長の宮田です。

 

先日火曜日は定休日を利用して、月一恒例の院内スタッフ研修をしました。

 

今回のテーマは

①手のしびれの原因になる症状

頸椎症、胸郭出口症候群、手根管症候群・・・・・

神経の支配領域から症状の原因を探ります。

新卒の栗田君、学校で学んだ座学と臨床が少し繋がり始めたようです。

 

IMG_20160628_085906

 

②新患さん問診ロープレ

患者さんの一番のお悩みは何なのかを探れるように、チェックリストを利用して

トレーニングしました。何度も何度も練習して、身体に染みつくまでトレーニングしていきます。

三年目の高橋先生、患者さんに分かり易く説明するためにメリハリを

つけるトレーニングをメインにしました。

 

IMG_20160628_115250

③テーピングの練習

腰と足のテーピングを主にしました。

普段から練習しないと技術が衰えるので定期的に技術チェックをするようにしております。

 

IMG_20160628_094741 (1)

 

1人1人が成長を実感できる職場づくり、

患者さんに常に変化や進化を感じて頂ける院作りを目指していきますね。

 

 

痛みといっても様々な原因があります。

痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

トップページはこちら

根本改善整体のページはこちら

 

四十肩、五十肩と病気のつながり 

2016年07月2日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!

院長の宮田です。

 

四十肩、五十肩の真の原因ご存知ですか?

実は大病が隠されていることがあるのです。

 

前回は最近松山市在住で、五十肩で悩まれる70代の男性が通院されていて、

四十肩、五十肩のの原因に体力や代謝の低下が関係している

という話までさせて頂きましたね。

 

結論から言うと脳梗塞が隠されています。

 

心臓から全身に血液が供給されますが、

大きく分けて血管は上半身と下半身にパイプが分かれます。

 

上半身のパイプはさらに二手に分かれ、

頭(脳)へいくパイプと腕にいくパイプに枝分かれします。

 

脳の血管に詰まりがある場合、脳への血行を優先させるため、

腕への血行を肩を固めて阻害します。

 

これが四十肩、五十肩の真の原因です。

 

肩に痛みが出るのは頭痛と同じメカニズムです。

血行不良になると身体はサインとしてセロトニン、プロスタグランジンなどの

発痛物質を放出します。

血行が阻害されると痛みが誘発されるのです。

 

実際この松山市在住の70代の男性も、2年前と今年の2月(4ヶ月前)に

脳梗塞を経験されていました。

幸い軽度で発見できました。

 

今までも同様の患者さんが何名かいらっしゃいました。

 

この松山市在住の70代の男性はもう少し前にもサインがありました。

実は2年以上前にも通院されていて、その当時は腰痛を訴えられていました。

この腰痛がしつこい腰痛でなかなか改善しにくい腰痛だったのです。

そのサインをもう少し活かせたら、もっと適切なアドバイスが出来たと反省しています。

 

四十肩、五十肩といっても様々な原因があります。

痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

肩こり・四十肩・五十肩のページはこちら

トップページはこちら

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください

 

 

四十肩、五十肩の真の原因

2016年07月1日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!

院長の宮田です。

 

四十肩、五十肩の真の原因ご存知ですか?

実は大病が隠されていることがあるのです。

 

最近松山市在住で、五十肩で悩まれる70代の男性で通院されています。

 

四十肩、五十肩の原因は医学的には原因不明とされていますが、

急激な代謝の低下が関係しているのではないかと言われています。

つまり体力が低下する時期に発症しやすいということです。

 

この方はとにかくエネルギッシュ。

ゴルフが大好きで活動的です。

70代になってやっと体力的に衰えてきたということでしょう。

 

こういう男性は結構いらっしゃいます。

一年に数名いらっしゃっている印象です。

みなさん体力が人一倍ありますので、不調も人一倍ため込めるのか、

夜間痛で人一倍苦しまれている印象です。

そしてみなさんなぜかゴルフが趣味・・・。

 

四十肩、五十肩の症状の重さは、夜間痛の有無ではかれます。

夜間痛がある場合、症状が強く、軽減治癒までに一定の期間がかかります。

個人差がもちろんありますが、最低半年はかかります。

 

四十肩、五十肩の原因はこのように体力や代謝の低下が関係しますが、

実はとんでもない大病のサインでもあるのです。

 

詳しい内容は次回に譲りますね。

 

 

四十肩、五十肩といっても様々な原因があります。

痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

詳しくは肩こり・四十肩・五十肩のページをご覧ください!

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください!
トップページはこちら

 

九州セミナーインストラクター

2016年06月30日

松山市・砥部町の皆さんこんにちは!

院長の宮田です。

 

先週日曜日は九州博多で技術セミナーのインストラクターをさせて頂きました。

博多までは、フェリーで行くのですが、都会の東京埼玉育ちの私としては何とも言えない旅情を味わえます。

夜の22時に松山観光港を出て、朝の5時に小倉に着きます。

ロビーではおでんをや焼きそばを購入して食べれます。

友人恋人とお話を楽しみながらお酒を楽しむ方もいますし、1人でスマホをいじりながら出港するまでの時間を過ごす方もいます。

 

私はいつも小説などを読みながらベットで静かに過ごします。

小説のタイトルは「その女アレックス」という推理小説でした。

仕事を離れ、陸を離れ、日常から離れ、遥かかなたの物語の世界にどっぷり入り込んしまいます。

 

さて、セミナーのテーマは腰痛メインの筋膜治療の講座でした。

50名の受講生が参加して下さり、朝から夜の七時まで受講生のみなさんにつかまりっぱなしで

ご飯を食べる時間さえありませんでした。ありがたい限りです。

詳しい内容はまた今度させて頂きますね。

 

痛みといっても様々な原因があります。痛みが出ている患部に原因はありません。

患部をけん引している筋膜があります。

私たちは痛みの原因を見つける特別なスキルをもっています。

何度もぶり返すその痛み一度当院で原因から改善していきませんか?

 

詳しくは根本改善整体のページをご覧ください!

トップページはこちら

 


1 4 5 6 7 8 9

お問い合わせはこちら!

ホームページを見て来院されたら、施術料割引

すこやか整骨院松山とべ院電話番号:089-905-0350

▲ ページの一番上に戻る